結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】
バルーンアレンジ 結婚祝い

結婚祝プレゼント

結婚祝のギフトとして、食器やグラスなどが数種類入ったギフトセットを贈る人も多いと思います。

ギフトセットにはそういった食器類だけでなく、タオルセットや香水。

最近では食べ物などのギフトセットなども人気が高いようです。

(梅干のギフトセットで数万円するものを見たときは流石に驚きましたね…。)


こういったギフトセットはただ贈物の数が多くなるというだけではなく、しっかりと贈り物用にラッピングされたものが多いので、比較的容易に手を出してしまうかもしれません。

しかし、やはり貰い手の立場をこれもしっかり考えないと、ただ不要なものを多くもらってしまったということにもなりかねませんので、やはりちゃんとプレゼントを選ぶときには思いやりが必要ですね。

相手に喜んでもらえるかどうか、どうしても不安に感じてしまうと言う方は、有名なブランド物のものを贈るようにしたら良いかもしれません。

たとえ不要なものだとしても、やはり有名なブランド物だと嬉しいと感じる人は多いですからね。


春夏モデル バーバリー フェイス・ウォッ...


結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】

結婚祝プレゼント

結婚祝として何気に人気が高いのがワインとワイングラスです。

お酒を飲めない人に対しては決して贈れるものではありませんが、ワイン好きの人にとっては嬉しいプレゼントですよね。

特にワインの方は、後に残り、捨てるのに躊躇させてしまう物のプレゼントとは違い、消費物なので、そういった所で気を使わせないといった点でも良いと思います。

私がもしワインをもらったら、そういう所にも気がつく人だな、と感心すると思います。

また、ワイングラスはワインの味そのものを変えてしまうほど重要なものです。

このワイングラスも同様に贈ってあげると、必ず喜ばれるでしょう。

ワイングラスが多くあれば、それだけ同じワインでも違う味で楽しめるということですからね♪


洋・癒し弥左ェ門窯ワイングラスセレクト花絵2(C伊万里・有田)



結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】

結婚祝マナー

結婚祝で品物などを送る場合は、ほとんどの場合「のし」と呼ばれる紙を上に貼り付けることがほとんどです。

よく、新しくできたお店などで、この「のし」に包まれた手ぬぐいなどを配っていますよね。

あの、紐の結び目が描かれたものが「のし」です。


結婚祝の場合、この「のし」には「結び切り」と呼ばれる形態のものが正式なものとされていますが、この「切り」という言葉が縁起が良くないということもあり、「輪結び」と呼ばれるものが多く使われているようです。

また、のしの表書きには「寿」「御祝」「御結婚御祝」が一般的に使われています。

「御結婚祝」だと4文字となってしまい、縁起が良くないものとされていますので、使わないようにしましょう。


最近では、ほとんどの商店で、こののしはすでに描かれたものを扱っていますので、必ず覚えておかなければならないものというわけではありません。

しかし、ちょっとした知識として覚えておけば、いつか役に立つかもしれませんよね。


結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】

結婚祝プレゼント

結婚祝ととしてお花を贈ろうと考える方も多いと思います。

しかし、結婚祝にはどういった花を贈るのが良いのか、結婚祝にふさわしい花があるかどうかというのは、気になるところですよね。

そこで、ここではちょっと結婚祝に花を贈るときの注意点を挙げておきたいと思います。


基本的に結婚祝に贈る花の種類は何でも構いません。
相手の好きな色、花など相手の好みを最優先にしてあげてください。

例えば、面倒臭がり人には、観葉植物などの手のかからないものを贈るようにしたり、花好きな人には好きに生けられる花束や育てることのできる花鉢を贈る。

こういったように相手の立場になって考えることがまず第一です。

また、最近ではちょっとお洒落に、サムシングブルー(ヨーロッパで語り継がれている、花嫁さんもゲストの方も幸せになれるというおまじない)を取り入れて、水色の花や青い花を少しいれて贈るのも、結婚祝いの花として人気があるそうですよ。


結婚祝の花を贈る時期としては、原則知らせを受けたらすぐにとなっています。

結婚式当日などは、新郎新婦の荷物となってしまう可能性が高いため、なるべく避けた方が無難ですね。


花というものは贈り手の個性を映し出すようなものでもあります。

どうか、あなたなりの祝福の意を花に込めて贈ってあげてくださいね。


花を贈ってみませんか?



結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】

結婚祝プレゼント

結婚祝に何を贈ろう…。

せっかく贈って喜ばれなかったら嫌だし。

他の人が私と同じものを贈っていたら…。


そんな悩みを一気に吹き飛ばしてしまうものが、カタログギフトです。

相手に選んでもらう思いやり


このカタログギフトは、何か手抜きをしているみたいで嫌だ、という人も多いそうですが、実際にもらって嬉しいものとして、常にランキングなどでも上位に入っています。

結婚祝よりも、結婚祝のお返しとしてこのカタログギフトは贈る人が多いそうですが、相手に選択をさせるという楽しみを与えることができるということを考えても、やはり良い贈物と言えるのではないでしょうか。

買い物で楽しいのはやはり何を買うか選ぶときですからね♪



結婚祝で迷わない!【結婚祝のマナー】